【産後の生活って?】妊娠中の私が気になっていたこと【QA】

産後の生活って? 育児
スポンサーリンク

妊娠中は出産後いったいどんな生活になるんだろうとあれこれ考えてしまいますよね。

kusumi
kusumi

子どものいる生活って全然想像できない……

リアルに想像することってすごく難しい。今生後半年の子どもと生活し始めた私から、あの頃の自分へ言いたい……。

kusumi
kusumi

育児の大変さ、不便さはやっぱり実際子育てしてみないと分からない!

やっぱり体験しないと伝わらない。けど妊娠中気になっていた産後のあれこれを思い出しながら、過去の自分へ向けて答えます。

この記事に書いてあることは私の実体験に基づいたものであって、赤ちゃんは本当に「※個人差あります」の連続なので、あまり参考にならないかも知れません。すみません。

Q.1日の睡眠時間はどれくらい?

A.時間はランダム。もちろん産前のような睡眠は得られない。

「夜泣き」「夜間の授乳」「3時間置きに起きる赤ちゃん」などなど恐ろしい言葉をよく耳にした産前。でも一緒に昼寝したり、ネントレとか頑張ればいけるっしょ?そう思っていた私へ。

新生児期は事前に得ていた知識通り、2~3時間置きに起きてくる赤ちゃん。でもこの頃は授乳すればそのまま寝落ちすることが多いし、お腹が空いたとき起きてくるだけでほぼ寝てた。お昼寝も長いから一緒に寝られるし、この頃はホルモンの影響か自分の寝付きもよくすっと寝れていた。

月齢が上がるにつれて夜長く寝てくれるようになり、あれ?思ったより楽勝じゃん?と思った矢先、昼寝が徐々に短くなっていることに気づく。すぐ起きる。よく寝ても30分くらい。

あれ?おかしいなと思っているうちに夜泣きが始まる。

この頃には自分の寝付きもすっかり悪くなる。いつ起きるか分からない焦りから余計寝られない。「あ、寝れそ……」「ふぇ……(もぞもぞ)」これのループに陥っているのが産後6ヶ月の私だ。

ただ、この頃には夜間授乳しなくてもトントンor抱っこゆらゆらで寝てくれるので、辛いときは夫に任せよう。子の寝言ですら母は起きてしまうので、違う部屋でゆっくりできると体力を大幅回復できるよ。このときの「誰にも邪魔されずに寝れること」の多幸感に驚くよ。

Q.産後もちょっとした在宅ワークならできる?

A.お昼寝が長い頃ならその隙にできるが、活動時間が長くなるにつれて作業しづらくなる。

何となく赤ちゃんの見えるところでずっと画面に向かってるのも悪い気がしてしまうので、昼寝の間にやってるよ。でもそれはつまり自分の昼寝の時間を削っていることになるので、そのうちやる気と元気がなくなりパソコンに見向きもしなくなるよ。要はやる気の問題。無気力なままスマホいじったりアマゾンプライムでアニメ観たりして過ごしてるよ。

Q.子ども好きじゃないけど、自分の子どものこと可愛いと思えてる?

A.思えるし、全赤ちゃんのこと可愛いと感じるようになる。

生まれたてのころは弱々しくて「守らねば……!」っていう使命感で「可愛い」とはちょっと違ったけど、少しずつニコニコしてくれるようになってくるとそれが嬉しくて、どんどん「可愛い!」と思えるようになる。すると今度は新生児の頃が恋しくなって写真を見返して「可愛い~~!」ってなる。そして、テレビのCMに一瞬でも赤ちゃんが写っただけでも「はっ!可愛い」て思うくらいになる。これは産前にはなかった感覚。不思議。

Q.赤ちゃんのうちはそんなにお金かかんないでしょ?

A.毎月クレジットの引き落としに怯えてます。

産前に必要最低限のものは揃えたつもりでも、産後あれもこれもと欲しくなる。例えば寝かしつけが楽になるグッズ、セールしてると来年の分にと買っちゃう服、喜ぶ顔が見たくてついつい増えるおもちゃetc…どんだけあってもお金足りない!おむつやお尻拭き、ミルクなどを中心に消耗品も増えるしね。

産前とは大きく変わった生活の中で溜まってゆくストレス、その発散そして溜めないようにと便利なものを見つければすぐ買っちゃう。元々物欲があまりなかった私のお財布の紐はだいぶ緩くなりました。これは何気に大きな変化。この先がこわい。

Q.産後は気軽にお出かけできない?

A.出かけられるが、かなりハードルが高くなった。

元々出不精の自分はさらに出掛けなくなった。授乳の時間、離乳食の時間、お風呂の時間、昼寝の時間……。考えて調節しなければいけないことが沢山ある。限りなく面倒くさい。でも出掛けられないこともない。

赤ちゃんと一緒に出掛けるのは大変なので家族に赤ちゃんを任せて一人で出掛けたりもする。このときの開放感と言ったら……。体が浮いちゃうくらい身軽だ!自由だ!と小躍りしてしまうほど。

おわりに

今となってはあ~こんなこと思ってたなあと懐かしくもあります。個人差があることですが、プレママさんの参考になれば嬉しいです。

また何か思いついたら追記します。

お読み頂きありがとうございました!